岐阜より農業のお仕事をご紹介します。

 

田舎暮らし

トップページ「お仕事さがし」過去の掲載分

お仕事さがし|2012年05月29日
名称|有限会社百福食材研究所
ホームページhttp://momofuku.jimbo.com/
職種・業種|柿、野菜、米、食用ほおずき、竹パウダー販売、農業指導
勤務地(都道府県)岐阜県岐阜市
田舎暮らしでお仕事さがし概要|自然に逆らわない、自分たちが食べれない物は人様にも出さない。農法人材の育成グループ化。本物の有機農業の追求と実践。農業体験・理解者の増加、体験生の確保。農業体験・就職先検討の両方。

トップページ「お仕事さがし」過去の掲載分

私はウィンドウズ98が出始めた頃くらいから原稿用紙でものを書くのをやめた。

それまでは「いくらコンピュータ全盛の時代だからといって、我々と同世代の物書きまでその影響を受けることはないだろう」と踏んでいたのだが、その予想は大いにはずれてしまった。IT革命の大きなうねりは想像をはるかに超える速さでもって、文筆業や出版の世界をもガラリと変えてしまい、田舎暮らしの私までもがその余波をくらったのである。

それでも私の場合には田舎によくある郊外型の電気店でパソコンなる代物を買ってきて、キーボードの打ち方に慣れ、eメールでファイルと呼ばれる手元の原稿を送信できれば事足りるが、同年代のカメラマンの嘆きは、それはもう切実すぎるものであった。

なにせ、高額な機材をひと揃え買い換えるだけでもものすごい出費だったであろうし、それまでは撮影終了後のフィルムをラボに渡せば仕事は一段落ついたはずなのに、こんどは撮影したばかりの写真をすべて自分自身でチェックして整理しなければならなくなったのだから。

そのうえ、画像を処理編集する技術まで求められてしまうとなっては、常日頃から老眼に悩まされているであろう我々のような団塊世代のカメラマンには何ともしんどい時代が到来したものである。(た)

ロシア世界遺産

 

Copyright (C) 2011 不動産JP All Rights Reserved.