田舎暮らしをしながらお仕事さがしをしてみませんか

 

田舎暮らし

トップページコラム記事もくじ

Q.ついにスローライフを決意しました。田舎に家を建てようと思うんですが、何か注意点はありますか?

A.実際、中には問題のある物件もあります。具体例を紹介しますので、参考になさってください。土地の中には、公道に出るためには私有地(私道)を通らなければならない、という場所があります。要するに、土地の周囲を私有地に囲まれており、公道に直結する出入り口を持たない物件、ということですね。これは田舎に限った話ではないですが、きっちりと区画整理された都会に比べて、田舎のほうがこういった土地が多いと思います。 法的には、こういった土地に住んでいる場合などにおいて、公道へ出ようと私有地を通行するのは問題ありません。ですが、実際に引っ越した場合、周囲の私有地を持つ土地所有者とトラブルになってしまえば、そこに住みづらくなってしまいます。場合によっては、私道の通行を咎められ、通行料金を請求されたりすることもあるようです。その地域に住んでいる人たちは当然のように通行していたとしても、たった今引っ越してきた人は「見知らぬよそ者」です。何の挨拶もなく、当然の顔で通行されれば向こうも警戒するでしょうし、気分を害することもあるでしょう。こういった物件を選ぶ場合には、必ず事前に指導所有者のところへ挨拶に出向き、通行を許可してもらいたい旨を申し出た方がベターでしょう。無用なトラブルを防ぐためには、移住者の側が「自分はよそ者だから、警戒されて当たり前」という意識で説明・お願いに努めることだと思います。迷惑をかけてしまうことをしっかり詫びた上で、低姿勢で頼めば、そう無碍な扱いを受けることはないでしょう。

トップページコラム記事もくじ

イラン世界遺産

 

Copyright (C) 2011 不動産JP All Rights Reserved.